ふるさと納税で包丁がもらえるおすすめの自治体はこちら

ふるさと納税で包丁がもらえるおすすめの自治体はこちら!

ふるさと納税の返礼品では包丁が数多く存在します。いろんな種類や用途に合わせてあまり買い換えることのない包丁だからこそいいものが欲しいですよね。そんな包丁がもらえる自治体について調べてみました。

ふるさと納税はいいことがっぱい

ふるさと納税についてあまりよく知らない方も多いと思いますが、いいことがたくさんあります。
1.寄附することで、お礼の品が貰えます。
2.確定申告で税金還付、控除できる。自己負担は実質2千円ですみます。
3.好きな地域を選ぶことができます。
4.寄附の用途も選ぶことができます。
5.複数地域に寄附することができます。
さらに、控除額がこれまでの約2倍に増えて、ワンストップ特例が出来、サラリーマンの方なら確定申告が不要になりました。



ワンストップ特例とは

「ワンストップ特例」とは、寄付をした年の所得について確定申告の必要がなく、ふるさと納税の寄付先の自治体が5つまでの人が利用できる、カンタンにふるさと納税後の税額控除の手続きができる制度のことです。



確定申告が不要になるには

今までは、ふるさと納税をして、控除を受けたい場合には、確定申告をする必要がありました。

2015年4月以降にふるさと納税をする場合には、要件を満たせば「ワンストップ申請書」を寄附ごとに自治体に郵送することで確定申告が不要となりました。

サラリーマンの方は元々確定申告しないのでこれでよりふるさと納税が簡単に出来るようになりましたね。
ちなみに、確定申告なしで行うには以下の条件を満たしている必要があります。

確定申告が不要になる条件とは

•2015年1月1日~3月31日までの間にふるさと納税をしていないこと
•2015年4月1日以降にふるさと納税を行っていること
•他の要件で確定申告の必要がないこと(住宅ローン控除の初年度、賃貸収入など)
•ふるさと納税の納付先自治体が5つ以下であること

こちらの条件を満たしていれば、「ワンストップ申請」の制度が使えますので確定申告なしでふるさと納税することができますよ。



負担額が2千円ですむには

年収や家族構成によっていくらまでの寄附金額で2千円の負担額ですむのかは個々違ってきますので、まずは自分の目安となる寄附金額の上限を調べてから寄附するようにしましょう。

この金額をしっかり覚えて自分の上限額を計算しておかないと、節税したにも関わらず余計な出費がある場合があることをお忘れないようにしてください。ご自身の控除上限金額は、総務省のサイトにありますが分かりやすいシミュレーターを準備しているふるさと納税サイトもあるので、自分の上限金をシミュレーションしておきましょう。

還元率が高い包丁の返礼品

・岐阜県関市
寄附金額2万5千円
仙蔵 三徳包丁16.7cm
ダマスカス鋼の模様がカッコイイ「仙蔵」シリーズです。全長:約303mm刃渡り:約167mm重さ:約200g刀身:VG10

・高知県香美市
寄附金額1万円
包丁磨出刃 16.5cm
出刃包丁は、魚を捌くのにピッタリな重くて頑丈な包丁。普段はなかなか手を出さない大きな包丁でも、81%の高還元率なら挑戦してみたくなりますね。重さ1丁300g,刃の長さ16.5cm

・高知県香美市
寄附金額5千円
包丁黒打菜切 16.5cm
こちらの返礼品も、5千円で65%、高還元率の返礼品です!菜切包丁はもともと両刃のため、利き手を気にすることなく使えるのも特徴です!

・高知県香美市
寄附金額5千円
万能包丁黒打舟行 16.5cm
寄付金額5千円で還元率65%という超お得な包丁です! 気になる切れ味は磨き仕上げの包丁と変わらないそうです。1丁140g,刃の長さ16.5cm

・島根県安来市
寄附金額1万円
ヤスキハガネ製 三徳包丁 刃渡 18.0cm
ヤスキハガネで作られた包丁は何と言っても錆びにくい。永く使うにはもってこいの包丁です。

包丁作りが盛んな自治体

包丁に強い自治体はいくつかありますが、今回はその中の大阪の堺市についてご紹介します。
堺に鍛鉄技術が伝わったのは古墳時代という、包丁の長い歴史を持つ堺市。
「堺打刃物」はその長い歴史の中で培われた技術から、経済産業大臣指定伝統的工芸品に認定されています。

・堺源吉作 本割込三徳包丁 寄附金額3万円以上
平成27年度「堺市ふるさと応援寄附金」返礼品人気ランキング第2位
ステンレス製なので、錆びにくく、使いやすい包丁です。口金付きのため、刃と柄のつなぎ目が洗いやすく衛生的です。
標準的なサイズの三徳包丁です。

・堺剛志 三徳包丁 寄附金額10万円以上
手ごろなサイズで使いやすい!刃持ちも素晴らしい逸品です。
ハイス鋼の刃をステンレスで挟み込んだ包丁です。ハイス鋼を使用しているため、刃持ちがよく、錆びにくく、かつ切れ味もよいです。

・堺重廣作 文化包丁 寄附金額10万円以上
プロ仕様の包丁を、家庭で使えるように作り上げた一品。高級素材である安来白二鋼を用いています。

・堺英 ぺティナイフ 寄附金額3万円以上
万能包丁としても使用可能で抜群の使いやすさ。ステンレス製なので錆びにくく、使いやすい包丁です。

・健忠 さびにくい文化包丁 寄附金額3万円以上
何といってもお手入れが楽ちんでプロ仕様の本格包丁で、平成27年度「堺市ふるさと応援寄附金」返礼品人気ランキング第1位
特殊鋼の刃をステンレスで挟み込んだ包丁です。

納税サイト

ふるさと納税すると決めたら次はどのサイトでふるさと納税するか決めましょう。欲しい品物があるところでするのもいいですが、サイトの中にはポイントを使えたり、貯まったりするサイトもありますのでそちらを上手く利用して納税するとよりお徳になりますよ。

 

・さとふる

ソフトバンク系列の会社が運営しているサイトになります。
2017年6月に市場調査を専門に行う株式会社インテージにて実施されたアンケートにて、20歳〜69歳の男女に最も知られているサイトで、こちらは知っている方も多いのではないでしょうか。

画面の使いやすさにこだわっているというだけあり、スマートフォンで手続きをしてもストレスなくふるさと納税の申し込みが可能。また、決済手段は「クレジットカード決済」、「ソフトバンクまとめて支払い」、「auかんたん決済」、「コンビニ支払い」、「銀行(Pay-easy決済)」と幅広く用意されているのも嬉しい点。

 

・ふるなび

老舗サイトの一つ。家電製品が豊富に掲載されている点が特徴。使い勝手もよく今急激に伸びているサイトで、掲載自治体数も100を超えるなど、利用者数・認知度共に増加傾向にあります。

ふるさと納税で有名店の味を味わうことができる、ふるさと納税グルメポイントがもらえるサイトも運営している点も特徴の一つ。とにかく、お得にふるさと納税をしたい!という方にはオススメのサイトになります。

 

・楽天ふるさと納税

こちらを利用して各自治体への寄付をすると、楽天スーパーポイントが付与されるのでポイントを貯めている人はこちらがお得です。

しかも、楽天で買い物をするのと同じような手続きでふるさと納税への申し込みができるシステムなので、普段からネットショッピングをしている人にとっては使いやすいというメリットがあり、手続きに必要な名前や住所といった情報は楽天に登録しているものをそのまま使うことができるので申し込みが簡単。

 

・Yahoo!ふるさと納税

24時間、いつでも支払いができるので非常に便利なサイトで「Yahoo!ふるさと納税」は、マスターカードやVISAカードなどクレジットカードによる決済が可能であることに加えて、Tポイントでの寄付も可能だそうです。

Tポイントと紐づけされたYahoo!JAPAN IDでログインして申し込みをすれば、Tポイントで寄付をしたり、手続き完了メールを受け取れるというメリットがありますので、Tポイントをためている人にとっては使い勝手の良い嬉しいサービスです。ただしTポイントは使えますがもらえることはできませんので注意してください。

最後に、いかがでしたか?毎日使う包丁をお得に良いものを手に入れてみてくださいね。

ふるさと納税で包丁がもらえるおすすめ自治体についてでした。