ふるさと納税 カニや金券のおすすめとは?

ふるさと納税 カニや金券のおすすめとは?

ふるさと納税は今人気ですよね。

もらえる返礼品に金券やギフトカードがあるのはご存知でしたか?ですがなるべく「ふるさと納税」の返礼品リストから金券をはずすように総務省から通達があったみたいですが、まだ金券を扱っているところは存在します。なくなってしまう前に納税をして金券をもらいましょう。

金券のおすすめやその他今の季節にぴったりのカニの返礼品もご紹介したいと思います。

ふるさと納税とはどんなもの?

ふるさと納税とは、応援したい自治体に寄附ができる制度で収入などで決まる限度内なら、寄附額から原則2,000円を引いた額が所得税・住民税から控除されるうえ、寄附のお礼の品を送る自治体もあります。

集まった寄附金は、自然保護や文化財の保全、子育て支援といったまちづくりなどに活用され、災害時の被災地支援にも役立てられています。

寄附する自治体や、寄附金の使い道を選ぶことができ、そしてその土地ならではのお礼の品が届き、税金の還付、控除が受けられる仕組みになっています。



現在ではよりしやすくなったふるさと納税

・住民税の控除額が2倍になりました
2015年3月までは、住民税のおよそ1割程度だった控除額が2割程度に拡大しました。
控除額が増えたことにより、今までよりもたくさんふるさと納税をできるようになりました。

・確定申告が不要になりしやすくなりました

今までは、ふるさと納税をして、控除を受けたい場合には、確定申告をする必要がありました。
2015年4月以降にふるさと納税をする場合には、要件を満たせば「ワンストップ申請書」を寄附ごとに自治体に郵送することで確定申告が不要となりました。

サラリーマンの方は元々確定申告しないのでこれでより面倒な手続きをしなくてもふるさと納税が簡単に出来るようになりましたね。

ちなみに、確定申告なしで行うには以下の条件を満たしている必要があります。

 

確定申告が不要になる条件

•2015年1月1日~3月31日までの間にふるさと納税をしていないこと
•2015年4月1日以降にふるさと納税を行っていること

•他の要件で確定申告の必要がないこと(住宅ローン控除の初年度、賃貸収入など)
•ふるさと納税の納付先自治体が5つ以下であること

こちらの条件を満たしていれば、「ワンストップ申請」の制度が使えますので確定申告なしでふるさと納税することができますよ。



ふるさと納税をしないと損?!

ふるさと納税をしない場合、通例通り収入に応じた税金を国に支払うことになります。

例えば1年で15万円住民税を