ふるさと納税 干物のランキングを比較!

ふるさと納税 干物のランキングを比較!

ふるさと納税の特徴は、地方で採れた名産品が返礼品としてもらえることですね。

全国的な知名度はなく、地元で地産地消されていた特産品が食べられるというのは喜ばしいことですね!

そこで今回は、その中でも干物に注目をおいてご紹介していきたいと思います!

ふるさと納税で干物をもらおう!

ふるさと納税で受け取れる干物は寄付金額5,000円から100,000円までとなっており、寄付金額が高価になるほど、干物だけではなく、うに、カニ、ホタテなど、他の海鮮系の特産品とセットになっているみたいです。

寄付金5,000円でも、アジの干物が10枚もらえたりと5,000円からでもボリュームがございますので、ふるさと納税を初めて申込む方にも良い返礼品となります。還元率はおよそ50%ほどとなります。

ふるさと納税で控除上限額内であれば2,000円を差し引いた金額が還付または控除となります。

ふるさと納税で、例えば5,000円を寄付をし、その50%の価値2,500円分の返礼品を受け取ったとすると、ふるさと納税の負担額2,000円を差し引いた500円だけ得するというわけでなく、上限金額の中で2,000円が負担額となるのです。

上限額が50,000円で、5,000円の返礼品に10回申込みをしても、負担額は2,000円となります。10回×2,000円ではないのでご安心を!

ふるさと納税でもらえるおすすめの干物と選び方のポイントとは!

干物の還元率は4割程度なのですが、1ヶ月くらい日持ちするのでふるさと納税でも人気のお礼の品になります。

基本的にどこの干物でも干物は干物なので、そんなに違いはないのですが、長崎県の佐世保市と平戸市が干物で有名なのです!

◆干物の食べ方とは

干物は冷凍で届く。干物の種類によって20日から30日程度の賞味期限です。当日食べる分だけ常温で解凍(2,3時間)して先に腹側を4,5分焼いて、背中を2,3分焼く。そして食べます!

◆一度は申し込みたい、佐世保の超お得な干物とは

ふるさと納税のお礼の品で、長崎県の佐世保市が干物で有名となりますれ

特に1万円の寄付で4kg相当の干物セットがもらえるのが超人気になっております。しかし、入荷完了から品切れまでの時間はおよそ3分。

1ヶ月に1度の頻度で入荷しておりますので、生真面目な人は試してみるのもありなのですが、申し込める可能性は低いので期待はしないことをおすすめします!

◆長崎県佐世保市の超人気のお礼の品 超お得なおまかせ干物セット 4.2kg 訳あり干物セット 4kg

1万円のふるさと納税で4kgの干物が届く。ただし、激戦でしかも1ヶ月に1度しか補充されませんので、毎回忘れて申し込みは不可。皆さんも機会があれば、チャレンジしてくださいね!

干物の豆知識をご紹介!

干物の歴史は古く、奈良時代にまでさかのぼりましょう!当時は宮廷への献上品とされておりましたが、時代が進み江戸時代になると庶民の間にも広まったと言われています。

日本だけではなく、魚で有名なノルウェーなどの海外でも干物は一般的です。一口に「干物」といっても、乾燥のさせ方や味付け方法に違いがあり、分類すると、10種類以上(素干し、塩干し、焼干しなど)にものぼるのです。

干物の乾燥方法は、大きくわけて天日乾燥(天日干し)と人工乾燥がございます。天日干しは自然の風や日光に当てることで乾燥させる方法で、人工乾燥は専用の機械を使用しました。

いずれの場合でも、水分を減らすと表面に「膜」ができ、その効果であの独特の食感が生まれるのです。また、水分を減らすことで微生物が減り、生魚より長期保存が可能です。

干物の美味しい食べ方をご紹介!

生魚に比べ調理のしやすい点も、干物にするメリットの一つとなります。調理方法を少し工夫するだけで、さらに美味しく味わうことが可能!

それぞれの魚によって最適な保存方法・焼き方は違うため、その詳しい内容についてをご紹介していきたいと思います。

◆冷凍で保存し、そのまま焼く《保存方法》

干物は生魚よりも日持ちするものの、保管する際には冷凍庫で保管するほうがいいです。調理する際には解凍せずに、そのまま焼くのがポイントです。解凍してしまうと、旨味が逃げてしまうことがあるので注意してください!

◆グリル以外でも調理可能《焼き方》

グリルがない場合には、フライパンやオーブントースターでの調理もできます。ポイントは、事前に調理器具を十分温めておくこと!

クッキングシートを敷き、皮を下にして焼く。(オーブントースターの場合は、アルミホイルを使用します)はじめは弱火で加熱し、焼き色がついたら裏返し、中火にする。

ただし「みりん干し」の場合は、焦げやすいのでフライパンでの調理するほうがいい。火の通り具合をこまめに確認しながら、火加減の調整をしてみてください!

干物の特産品お得なランキングをご紹介!

◆5位. 真あじ干物10枚セット

静岡県下田市より、真あじのひもの10枚セットとなります。地元干物専門店の小木曽商店より、魚選びにこだわり、一枚一枚丁寧に手開きで仕上げております。

保存料・化学調味料無添加で、天日塩を使用した伝統製法で作っております。

寄付金額は、5,000円となります。内容は、真あじ干物10枚入り・篭盛り包装です。

推定実売価格は、2,200円なので、還元率は、44.0%となっております。

◆4位. 天日干しあじのひらき

静岡県函南町より、アジのひらき干物10枚となります。沼津港より直接仕入れた鮮度が良いアジを富士箱根山麓の天然水と厳選した塩で天日干ししているとのことのようです。1枚ずつ包装されているので保存にも便利だと思います!

寄付金額は、5,000円です。内容は、あじのひらき10枚セット(個別包装)沼津港仕入れとなっております。

推定実売価格は、2,862円なので、還元率は、57.24%となります。

◆3位. 干物特選セット

千葉県勝浦市より、干物特選セットとなります。鮮度にこだわり、勝浦漁港に水揚げされた食材を加工したものです。

保存料、着色料は一切使用しておらず、食塩のみでしあげているとのことです。またこちらも保存に便利な一つ一つ真空パックになっております。賞味期限は180日間となります。

沢山あっても半年かけてゆっくり楽しめるのではないでしょうか。ただ、だんだんと風味は落ちてしまうみたいですので、なるべく早く食べるほうがいいようですよ!

寄付金額は、10,000円です。内容は、さんまの開き (3枚)・アジの開き(大) (2枚)・アジの開き(小) (4枚)・金目鯛の開き (1枚)・かさごの開き (2枚)、または かさごの開き (1枚) と サバの文化干し (2枚)1組・鯛の丸干し (1枚)・カレイの丸干し (1枚)・イカの一夜干し (1枚)となります。

推定実売価格は、6,480円となりますので、還元率:64.80%です。

◆2位. 昭徳の天日干し

佐賀県唐津市より、昭徳の天日干しとなります。地元の県五島・対馬沖・玄界灘で旬の時期に漁獲された魚を中心に、納得のいく魚だけを原料にしているとのことです。

寄付金額は、10,000円です。

内容は、真あじ開き天日干し[4枚(240g)]・寒さば片身天日干し[4枚(360g)]・さわら片身天日干し[2枚(240g)]・かます開き天日干し[2枚(160g)]・連子鯛開き天日干し[2枚(360g)]・剣先いか開き天日干し[2枚(160g)]となっております。

推定実売価格は、7,180円となりますので、還元率:71.8%です。

◆1位. 松浦・潮風のたより

長崎県松浦市より、干物の詰め合わせとなります。寄付金5,000円の返礼品とは思えないほどの量。

もちろん、松浦の港え水揚げされた魚を使用しているので鮮度はもちろんのこと、こだわりの製法で一夜干しをしております。

寄付金額は、5,000円となります。内容は、アジ開き2枚 アジみりん2枚 アジ桜干し2枚 サバ白みりん2切 カマス開き2枚 いか一夜干し1枚 味付あご50gです。

推定実売価格は、4,200円となりますので、還元率は、84.0%となります。

干物が気になる方はぜひ、参考にしてみてください!

ふるさと納税 干物 ランキングをご紹介!についてでした。