ふるさと納税 いくら・うにのおすすめはコレ!

ふるさと納税 いくら・うにのおすすめはコレ!

ふるさと納税という言葉を最近よく耳にしますよね。

実際しているかたも多くいらっしゃると思いますが、言葉は聞いたことがあるけど実際どういうものか詳しくご存じない方もいらっしゃると思います。

そんなふるさと納税について簡単にご説明して、今回はおすすめの返礼品、いくら、うにを扱っている自治体もご紹介したいと思います。

そもそもふるさと納税って?

改めてふるさと納税についてご説明すると、自分が応援したい自治体へ寄附をすることで寄附金に応じた税の控除を受けられる仕組みです。複雑な手続きは不要で、寄附金の使い道も指定できます。

そしてお礼の品として返礼品を贈る自治体があり、今やそちら目当てで寄附をする方も年々増えてきているようです。



ふるさと納税の魅力は?

・ふるさとを支援できる
地元に限らず、全国の自治体へ手軽に寄附が行えます。寄附金の使い道まで選択できます。

・お礼の品が貰える
寄附のお礼として、魅力的な特産品がもらえます。欲しい品を選択することもできます。
最近では食品以外にも電化製品などももらえたりするためそちらも人気が出てきている要因ですね。

・税の軽減
寄附金に応じて税金の控除が受けられます。寄附の実質的な負担額は2000円になります。
ふるさと納税で自治体に支払ったお金は法律上、寄附金として取り扱われるため、税金から控除できます。節税ができることも最大のメリットのひとつですよね。



二千円の負担ですむ寄附金額は?

ふるさと納税で控除される額は、年収や家族構成によって異なりますので、まず寄附をする前に自分の上限額はいくらまでなのか、目安となる金額を調べてから寄附するようにしましょう。

それぞれのサイトに大体の目安の出し方がのっていますのでそちらを参考にしてみて下さいね。



おすすめいくらの返礼品

まずはいくらのおすすめの自治体をご紹介します。

・北海道白糠町

楽天のふるさと納税のランキングで一位に輝いたこちらの返礼品のいくら。一番美味しい場所で一番美味しい時期に美味しくなるよう処理されていておいしくないわけありませんよね。250gずつ小分けにされているので食べやすいのも嬉しいですね。

・北海道増毛町 寄附金額1万円

増毛まちのいくら400gが届きます。添加物など一切含まれていないもので、鮮度の良いいくらを自家製のしょうゆに漬け込んだ逸品です。街中のスーパーで売っているものとは全く違ういくらが味わうことが出来ますよ。

・静岡県焼津市 寄附金額2万円

こちらは極上いくらが1㎏届きます。焼津市は駿河湾に面した漁業が盛んな町です。イクラ以外にも桜海老やうになども評判がいい所です。

・北海道浦幌町 寄附金額1万円

十勝川でとれた新鮮な鮭とイクラのセットです。いくらが80g鮭の味噌漬けが3切れ、糠さんまが90g鮭とばが90g、生鮭ブロックが一個と大容量でお届けしてくれるので、満足のいくセットですね。

・北海道小平町 寄附金額1万円

こちらはカネト水産の人気商品の醤油いくらと新鮮な海産物のセットです。内容量はえびすたらこ250g、醤油いくら300g、鮭トバスモーク200gが2袋入っているセットになります。鮭とばはお酒にもよくあいますので、お酒好きな方にもぴったりの内容になっていますよ。

・北海道えりも町 寄附金額1万円

こちらは襟裳岬で有名なえりも町です。いくらのしょうゆ漬け250gと銀聖鮭のあらほぐし100gが2袋です。いくらは冷凍で届くので食べたい時に食べれるのも嬉しいポイントですね。

おすすめうにの返礼品

続いてはうにのおすすめの自治体をご紹介します。

・北海道稚内市 寄附金額2万円

こちらはエゾムラサキウニです。このうにの特徴は利尻昆布を食べて育っていることで他のうにとは一線を画しており、ひとくち食べただけで違いが分かるそう。そんな最高級の生うに100gが2セットになっています。

・北海道鹿部町 寄附金額1万円

北海道産のほやの塩辛と、バフンウニの塩漬です。北海道のホヤはほとんど道内で消費されており、他の地域ではなかなか食べることができません。

そんなホヤの中でも特に貴重な赤ほやを使った塩辛です。そこに濃厚な味わいの高級うに「バフンウニ」がセットになっています。

・北海道せたな町

キタムラサキウニを、鮮度そのままにパックしました。他の生うには塩水につけることが多いですが、こちらは無菌でミネラルの多い海洋深層水につけることで、うにの旨味をさらに引き立てています。 

おすすめのふるさと納税サイト

ふるさと納税ができるサイトは数多くあります。どちらのサイトがお得に納税できるのでしょうか?ふるさと納税が一般に浸透してきたことに伴い、本当に多くのふるさと納税専門サイトが誕生しました。

サイトにより特徴が異なり、支払い方法なんかも違ってくるので自分にあったサイトで申し込むのが一番いいと思います。

いくつかピックアップしてみたいと思います。

 

・さとふる

ソフトバンク系列の会社が運営しているサイトになります。

2017年6月に市場調査を専門に行う株式会社インテージにて実施されたアンケートにて、20歳〜69歳の男女に最も知られているサイトで、こちらは知っている方も多いのではないでしょうか。

画面の使いやすさにこだわっているというだけあり、スマートフォンで手続きをしてもストレスなくふるさと納税の申し込みが可能。また、決済手段は「クレジットカード決済」、「ソフトバンクまとめて支払い」、「auかんたん決済」、「コンビニ支払い」、「銀行(Pay-easy決済)」と幅広く用意されているのも嬉しい点ですね。

 

・ふるなび

老舗サイトの一つ。家電製品が豊富に掲載されている点が特徴。使い勝手もよく今急激に伸びているサイトで、掲載自治体数も100を超えるなど、利用者数・認知度共に増加傾向にあります。

ふるさと納税で有名店の味を味わうことができる、ふるさと納税グルメポイントがもらえるサイトも運営している点も特徴の一つ。とにかく、お得にふるさと納税をしたい!という方にはオススメのサイトになります。

 

・楽天ふるさと納税

こちらを利用して各自治体への寄付をすると、楽天スーパーポイントが付与されるのでポイントを貯めている人はこちらがお得です。

しかも、楽天で買い物をするのと同じような手続きでふるさと納税への申し込みができるシステムなので、普段からネットショッピングをしている人にとっては使いやすいというメリットがあり、手続きに必要な名前や住所といった情報は楽天に登録しているものをそのまま使うことができるので申し込みが簡単です。

 

・Yahoo!ふるさと納税

24時間、いつでも支払いができるので非常に便利なサイトで「Yahoo!ふるさと納税」は、マスターカードやVISAカードなどクレジットカードによる決済が可能であることに加えて、Tポイントでの寄付も可能だそうです。

Tポイントと紐づけされたYahoo!JAPAN IDでログインして申し込みをすれば、Tポイントで寄付をしたり、手続き完了メールを受け取れるというメリットがありますので、Tポイントをためている人にとっては使い勝手の良い嬉しいサービスです。

ただしTポイントは使えますがもらえることはできませんので注意してください。

ふるさと納税 いくら・うにのおすすめはコレ!についてでした。