ふるさと納税 人気商品や自治体とは?

ふるさと納税 人気商品や自治体とは?

全国におよそ1,800あるほぼ全ての自治体たちが、ふるさと納税の寄付に対する返礼品を送るというふうになっております。

ましてや、その数や種類は様々で日々沢山のお礼の品がホームページに載っております。

そこで今回は、人気な商品や人気など自治体についてなどご紹介していきますね!

なぜ、おすすめされるの?ふるさと納税のメリット

◆ おすすめされるには理由がある、ふるさと納税のメリットとは

「ふるさと納税=特産品」と言うイメージがすっかり定着しておりますが、実は他にも色々メリットがございます。最近注目されているのが、被災地の復旧、復興に貢献できるところ。

同じ日本人として被災した人たちのために何かしたい、と思っていても、現地までボランティアに行ける人間は限られております。被災地にふるさと納税することは復旧、復興に役立つ。

・故郷以外でも自由に自治体を選んで寄付ができる

・寄付する金額、タイミングは自由にチョイス

・自治体によっては使徒の目的を限定できるところもある

・ポイントサイト経由で寄付することでポイントが加算する

・クレジットカード決済でもポイントが貯まります

◆びっくりするほど簡単なふるさと納税の手続き

ふるさと納税に関心があるが、手続きが複雑そうで躊躇している方も多いようなのです。実は驚くほど手続きは簡単。特にクレジットカード払いが選択できるころは本当に便利ですので、おすすめとなります。

①申し込み後数日で振込用紙などが送付(クレジットカードOKのところも)。

②振込手続き完了後、お礼の手紙と寄付金受領証明書が配達される。(お礼メールが届くところも)

③寄付金受領書は確定申告申請時に提出する

④特産品が到着する



クレジットカードでふるさと納税が払えるふるなびがおすすめ

ふるさと納税の支払い方法はクレジットカード、郵便振替、銀行振込の3通りありますが、便利なのは断然クレジットカード払いです。

オンラインで即支払いが完了するので、振込用紙が届くまで待つ手間、払いに行く手間がかかりません。クレジットカードのポイントも加算されるところも見逃せません。

また、一度登録しておくと、二回目以降の入力が楽になるので、定期的に寄付する予定の方にもおすすめです。

ただし、自治体によって対応できるクレジットカードのブランドは違うので、その点は注意しましょう。

ふるなびのメリットの1つは、寄付するタイミングを自由に選べること。

誕生日月やキャンペーン中など、ポイントが多く加算されるタイミングを狙うとよりお得です。



ふるさと納税の人気商品をご紹介!

◆ 群馬県北群馬郡榛東村 はじめてのママへ 野菜de離乳食

5,000円以上の寄付で貰えるので、手頃な金額でスタートしたい初心者にもおすすめの納税先です。

人参、ほうれん草、ゴボウ、南瓜、大豆…と5種類の野菜パウダーが1袋60gずつセットになっております。1年で何回利用していても良い自治体ですので、リピーターも多いようですね。

◆長崎県佐世保市 おしゃぶりかんころ3ヶ月分

10,000円以上の寄付で選べる特産品なのですが、3ヶ月分もセットになっておりますので、お得感満載。

かんころとは生後6ヶ月から1歳2ヶ月頃までの赤ちゃんの歯がため用にぴったりな干し芋のこと。

つかみ食べの練習にも最適で、無添加なので安全性も抜群となります。30gが19袋入っておりますので、小分けされている点もママには有難いポイントですね!

◆兵庫県三田市 こだわり黒豆麦茶

10,000円以上の寄付で貰えるノンカフェイン飲料となります。

赤ちゃんはもちろん、妊婦さん、授乳中のママも安心して飲むことが可能です。8g30個入りのパックが合計9袋もセットになっておりますで、ボリュームたっぷりです。

◆大阪府泉佐野市 フード付きバスタオル

10,000円以上の寄付で貰えるフード付きバスタオルは、お風呂上がりや水遊び、紫外線対策に役立つ。

素材も特産品の泉州タオルが使われているので、抗菌防臭効果、吸水性、肌触りなどクオリティが高い仕上がりになっております豚、兎、猿…と3種類から柄を選べるサービスもあります。

◆ 静岡県焼津市 魚がし ロンパース

こちらも10,000円以上の寄付で選ぶことができる品で、魚河岸柄のユニークなデザインのロンパースを貰えますね。

サイズはゆったりめの70なので、1歳頃まで着用できるとのこと。個性的なロンパースが欲しいと考えているというママにもぴったり!

◆ 高知県南国市 赤ちゃんセット

30,000円以上の寄付で選べるセットで、赤ちゃんが安心して遊べる木のおもちゃが貰える!

自然の塗料が採用されておりますので、もし赤ちゃんが舐めてしまっても心配することはありませんよ。



ふるさと納税の人気自治体をご紹介!

では、人気自治体をご紹介します。それぞれの自治体の概要も合わせてご紹介します。

◆大阪府 泉佐野市

ボリューム満点1.75kgの黒毛和牛や「ピーチポイントギフト」など大注目の自治体です。

大阪市と和歌山市のほぼ中間に位置しており、背後に一部が金剛生駒紀泉国定公園に指定された和泉山脈を擁し、美しい山河、緑あふれる恵まれた自然環境です。

商・工・農・漁業がそれぞれバランスよく栄えてきましたが、関西国際空港の開港などに伴う人口の増加とともに、商業・サービス業が盛んになっております。

◆山形県 上山市

みんな大好き!「さくらんぼ」「山形牛」「はえぬき米」山形の魅力たっぷりです!

山形県上山市(かみのやまし)は蔵王連峰の裾野に位置しており、市中心街に上山城がそびえ、全国でも珍しい城下町、 宿場町、温泉町の3つの顔を合わせ持ちます。

季節の変化に富んだ美しい自然や温泉などの地域資源に恵まれた、山形県内でも有数の観光地とのります。

「かみのやま」の地名は、古くは『神山』又は今の山形に対して『上の山形』といわれておりましたが延文年間(1356~1360)に最上満長が当地を領し、上山殿と称したことから『上山』となったと伝えられております。

その後、満長の後えい上山義忠が月岡に城を移し、前川の川筋を変えて城下町として整備しましたのが現在の市街地の原形をなしております。

上山温泉が奥羽三楽郷の一つとして栄えた起源は、長禄2年(1458年)に肥前国(現佐賀県)杵島の僧月秀が今の湯町付近にあった温泉が湧いていたのを発見したことによる。

その後、新湯、高松、葉山、河崎、金瓶などの温泉群が続出し、風光明媚と病後の療養に特効があるということから広く世に知られるようになったそうです。

◆佐賀県 小城市

超高級銘柄A5ランク「佐賀牛」など全国トップクラス寄附金を誇る佐賀県小城市です!

佐賀県 小城市は、佐賀県のほぼ中央にあり、佐賀平野の西端、県庁所在地・佐賀市に隣接している地域となります。

佐賀市の西方約10キロ、車で20分の位置にあり、福岡市へ70キロ、長崎市へ100キロの距離にございます。

地勢的には、北部に天山山系がそびえ、中央部は肥沃な佐賀平野が開けております。また、南部には農業用排水路のクリーク地帯が縦横に広がっており、日本一の干潟・ 有明海に面しております。

天山山系から源を発し流れ下る祇園川、晴気川、牛津川は、扇状地を形成をし、佐賀平野を潤し、嘉瀬川および六角川に合流して有明海へと注いでおります。

気候は、夏は高温多湿でやや蒸し暑く、冬は乾燥した北西の季節風(天山おろし)が強いのが特徴でして、天山県立自然公園、ムツゴロウ・シオマネキ保護区に代表される、貴重で豊かな自然資源を有しております。

小城市の面積は、95.81平方キロメートルで県土の3.93パーセントを占めております。

◆静岡県 焼津市

話題の日本一の返礼品数と種類を誇る「静岡県焼津市」のふるさと納税です!

静岡県焼津市は、東京から西へ約193キロメートル、名古屋から東へ約173キロメートル、京浜・中京のほぼ中間に位置しております。

その玄関口としてJR東海道本線に「焼津」と「西焼津」の2駅、東名高速道路には焼津ICと大井川焼津藤枝スマートICがございます。

静岡県の中央部で、北は遠く富士山を臨み、高草山(501メートル)、花沢山(449メートル)などの丘陵部を境に県都静岡市に接しており、東に駿河湾を臨み、西南は一望に広がる大井川流域の志太平野で、西に藤枝市、大井川を挟んで吉田町と島田市に接しております。

年間平均気温16.5度、冬季の降雪もまれな温暖な気候で、面積は70.31平方キロメートル、北部山間部を除き平坦な区域に、約5万5千世帯、約14万1千人の市民が生活しております。

◆山口県 山口市

海産物に富んだ町、ボリュームたっぷりな返礼品が続々登場!

山口県 山口市は、地震など災害が少なく、何でもそろっているほどよい田舎「山口市(やまぐちし)」は、「住みやすい街」 県都である山口市は、県の中央に位置し、南は瀬戸内海、北は島根県、萩市、東は防府市、周南市、西は宇部市、美祢市と隣接しております。

平成17年10月に、山口市・小郡町・阿知須町・秋穂町・徳地町の1市4町による合併で、新「山口市」となっており、平成22年1月には阿東町と合併し、面積は1,023平方キロメートルと県内で最も広く、様々な観光資源を有しております。人口は19万6,643人(平成22年国勢調査)となります。

ふるさと納税の還元率は何で決まるの?

ふるさと納税をしようとすると、還元率という言葉をよく耳にするかと思われます。還元率とは、寄付金額に対しては、お礼の品がどれだけの返戻率で貰えるのかを示した値になる。

要に、還元率が高ければ高いほど、寄付者はお得ということになる。

ふるさと納税の場合、寄付に対して送る返礼品の量や物などは、自治体に決める権限がござちます。ですので、還元率は自治体によって変わっていくのです。

自治体の考え=町長や市長の考えが非常に反映する形になりますので、還元率が高めの自治体というのは、基本的に同じくらいの率で返礼品を送ることが多いことになります。

いろいろと難しい話をしてしまいましたが、人気商品と人気自治体についてのお話でした!

ふるさと納税 人気商品や自治体とは?についてでした。