バジリスク絆 弦之介の残りベルについて!【パチスロ基礎】

バジリスク絆 弦之介の残りベルについて!【パチスロ基礎】

バジリスク絆 設定判別には不可欠?!BC中弦之助を選んだときの撃破した残りベルの秘密とは!今やホールで稼動していないほうが珍しいほどの超ロングヒットスロット機「バジリスク絆」。

どのお店も大事にしている機種な故に、高設定もよく使われています。そんなバジリスク絆の高設定を確認できる方法があるとしたら、知らないなんてもったいないし損ですよね。

そこで、今回お伝えする内容は、バジリスク絆 弦之助BC選択時の撃破数の残りベルの秘密についてお伝えしていこうと思います。

バジリスク絆 3つあるBCはなにを示唆しているの?

BCの種類には「弦之助」、「朧」、「天膳」といった3つのBCが存在しています。どのBCもそれぞれしっかりとした意味を持っています。

まず最初に弦之助BCは、言わば「高設定確定演出」が出てくる本機唯一の設定確定要素です。
そのほかにも「偶数」寄りか「奇数」寄りかの判断要素にもかなり重要になってくる部分にもなります。

弦之助BCに関しては後ほど詳しく解説します。

次に朧のBCですが、これはBCがATにつながらなかった場合、次のモードがだいたいどこにいるのか、というのを最後の月の形で告知してくれる役割を持っています。

 

朧BC月の種類とその内容

三日月

モードA 64.5%

モードB 31.3%

モードC 18.8%

モードD 12.5%

満月

モードA 35.3%

モードB 68.7%

モードC 18.8%

モードD 12.5%

半月

モードC 62.4%

モードD 25%

赤満月

モードD 50%

これを見る限り、半月と赤満月ではやめないで続行という感じですね。この朧BCで月を確認してやめ時を考えるのが無難なやり方です。

最後に天膳のBCの内容は残りベルによるATの継続率示唆です。

 

高継続率確定

50% 残りベル3回 18.8%

66% 残りベル3回 18.8%

80% 残りベル6回 12.5%

残りベル3回 12.5%

 

数値を見てみるとわりと出やすいです。私は天膳は音が大きくわかっていても驚いてしまうのであまり選びませんが、ほんとたまに高設定も確定、ATも確定していてドヤりたいときに選んだりはします。笑

 

バジリスク絆 弦之助BC中のベル回数と高設定確定パターン

弦之助BCには高設定確定演出が2種類あり、わりと現実的な数値で確定演出は出ます。

2回目のベル(残りベル6回)での告知は設定456確定(4が3.1%、5が3.1%、6が4.7%)

5回目のベル(残りベル3回)での告知はなんと設定6確定(4.7%)

 

また、それ以外の最終ゲーム数以外での告知発生にも設定差があります。

3回目、7回目のベル(残り5回と1回)での告知は奇数設定の可能性がアップ

4回目、6回目のベル(残り4回と2回)出の告知は偶数設定の可能性がアップ

 

弦之助BCと残りベルの詳細は上記のようになります。ここで一番気をつけてほしいのが、「押し順ベル」での撃破ということをしっかりと覚えておいてください。

レア役や瞳術での残りベル三回の撃破は間違っても設定6確定演出にはならないので注意してください。設定6確定演出は約5%の確率で告知が発生します。

なので、仮に設定6をツモっていたとしたら20回に1回の確率で設定6確定演出が見れるという計算になります。設定狙いをするならやはり弦之助BCは不可欠といえますね。

ただし、イベントや強い店に行ってバジリスク絆を抑さえて朝一台の手ごたえがあまりよくなかったとしたら、ずっと高設定を信じて弦之助BCを選ぶよりかは、少し落ち着いて朧BCを選んだほうが良いかもしれませんね。

 

バジリスク絆 残りベルだけじゃない?弦之助BCのAT確定・濃厚演出

バジリスク絆の弦之助BCは残りベルでの設定示唆だけでなく、ATを告知してくれる演出もあります。

通常 残り1000人

チャンス 残り500人

アツい 残り100人

確定 300人 777人 1001人

 

このほかにもゴッド目やバジリスク目というのも存在しています。

ゴッド目⇒残り123人 残り135人 残り365人 残り717人等

バジリスク目⇒残り15人(イチゴ) 残り24人(西) 残り193人(戦) 残り556人(心)

 

上記のように弦之助BCは様々な告知演出が存在しています。出目がアツいといえばゴッドシリーズでしたが、同じユニバーサルなのでバジリスクにも出目での遊び心をいれてきましたね。

設定判別も確認でき、様々なAT告知演出が発生する弦之助BCが一番有能なBCなのではないかと思います。

 

バジリスク絆 高設定確定ガセパターンに気をつけて!

上記で説明したように、残りベル3回の押し順ベルで撃破すると設定6が確定します。
ですがガセパターンもあります。

それは、「瞳術揃いをはずした時の撃破達成タイミングによる設定示唆はガセる」です。弦之助BC中は、瞳術カットインというAT告知があります。そこで図柄をそろえてしまうと、もう残りのBC中はAT中と同じ扱いになってしまうので、残りベル告知は発生しません。

なので、みんな瞳術カットインが発生してもそろえることはせず、わざと外してBCを消化します。ですが、仮に外したとしてもそのあともし残りベル3回で告知されてもそれは6確定演出にはなりません。

そう、つまり「ガセ」演出となってしまうのです。それを知らずにもし高設定確定演出が出たとしても、騙されずにしっかり設定判別を行いましょう。

 

実際に経験した残りベル回数に騙された失敗談

これは残りベル3回が6確定という情報がまだあまり知られていないときの話です。その日は私がよく通っていたホールで、月に一度あるイベント日のときでした。

私は誰かが高設定確定演出を出しているのを確認して、もし空けばそれをハイエナしてやろうというつもりでわりとバジリスク絆のシマを見ていました。

一人の男性が弦之助BCを消化していたときのことです。男性のBCを見ていると最終ゲームでの告知以外での当選でした。

ベル何回かなぁなんて見てみると、そこには残りベル3回の文字が。私は「6じゃん!」と内心思い、その台が空いたら絶対座ってやろうと空くのをひたすら待ちました。

すると1時間ぐらいで空き、私は急いで確保へ。6をツモったという喜びで私のテンションはマックスでした。

これは今日全つっぱだ!と思い、台を打ち始めました。グラフは下向きでしたが、このあとどんどん上に向くグラフを想像しながらワクワクな気持ちで打っていました。

ですが、現実はBCは重くATの初当たりも悪い最悪な展開でした。結局その日は財布に入れていた7万すべて飲まれ、泣きそうになりながら帰りました。

後日わかったのですが、「押し順」ではないと6確定ではなく、私が残りベル3回で撃破したとき見たのはチャンスリプレイでの当選でした。

私はそれを見てさらに落ち込みました。私が打っていたのはおそらく低設定。低設定を必死にぶん回していたと思うと笑えてきました。

これが私の失敗談でした。

 

今回は「バジリスク絆 弦之介の残りベルについて!【パチスロ基礎】」について、ご紹介しました。